がんの予防方法を知ってがんになりにくい身体を作る

がんを予防する

がんは生活習慣を見直すことで予防が可能になります。ですから、栄養バランスの良い食事と適度な運動をするようにしましょう。また、タバコやアルコールなどのがんを引き起こす原因となるものは控える必要があります。

がんに関すること

病院

様々ながんの初期症状

がんには種類によって初期症状が異なります。また、初期症状として風邪に似た場合があるので発見が遅れることがあるのです。ですから、身体に少しでも異変があればすぐに池袋クリニックに行くようにしましょう。

READ MORE
看護師

病院の選び方

城東区でがん治療を始めようと考えた時は、内科の病院を選ぶ必要があります。病院によってそれぞれ特徴が違うので自分に合った病院を選ぶようにしましょう。そうすることで、早期の改善に繋がります。

READ MORE
女性と医者

がんの転移と再発

がんには転移しやすい乳癌やメラノーマなどがあります。また、これらのがんは再発する可能性が高いことで知られています。さらに、がん細胞が血液を通って骨に転移することもあるのです。

READ MORE

がんになる可能性が高い生活習慣5選

no.1

タバコ

がんになりやすい生活習慣として挙げられるのがタバコです。また、タバコは様々ながんを発症させる可能性が高いので気をつけるようにして下さい。

no.2

アルコール

アルコールの過剰摂取はがんを引き起こす場合があります。ですから、アルコールの摂取は適量にするようにしましょう。

no.3

肥満

肥満になってしまうと、食道がんや大腸がんや腎臓がんなどの様々ながんになりやすいと言われています。また、女性であれば乳がんになる可能性も高くなるでしょう。

no.4

日焼け

紫外線をたくさん浴びることで日焼けをします。しかし、この紫外線には肌に負担をかけてしまう原因となるのです。肌に負担がかかると細胞分裂がうまく働かなくなり皮膚がんの発症に繋がってしまいます。

no.5

有害物質に触れ合う

仕事などで有害物質に触れ合うのであれば注意が必要となります。有害物質は、発がん性物質を含んでいる場合があるので定期的に検査を受けるようにしましょう。

がん予防

ドクターと女性

栄養バランスの良い食事をする

がんは栄養バランスの良い食事をすることで予防が期待できます。ですから、どのような食材ががん予防に効果的なのかを知っておきましょう。

抗酸化作用が効果的

がん予防に効果があるとされているのが、ビタミンCやポリフェノールなどの抗酸化作用の栄養素になります。これらは、野菜に豊富に含まれているのです。

強力な抗酸化作用があるにんにく

がん予防に非常に効果があるとされているのがにんにくです。にんにくには、硫化アリルという強い抗酸化作用が含まれています。ですから、積極的に摂り入れるようにしましょう。

にんにくと同じ成分がある玉ねぎ

玉ねぎは、にんにくに含まれている硫化アリルの成分があります。その為、抗酸化作用が十分にありがん予防に効果が持てると言われています。